スピリチュアルの活用法

~スピリチュアルからスピリットへ~ 

2021.3 Bloomingメッセージ【器を広げよう♪】

 

春の香りが漂う季節となりました。

もっとも日本列島は長いですから

既に暖かい地域もありますよね。

 

さて、今月のブルーミングメッセージは

「器を広げよう♪」です。

 

「あの方、器が大きいよね」

「器の小さい人だな」

と、器の大きさで人を判断することってありますよね。

 

でも器の広さって表からでは解らないものですよね。

器って、見た目や系統、肩書などは関係なく

行動や言葉、対応等々で測られる物だと思うのです。

 

一般的に言われている器の小さい人とは

 

他人の成功を喜べない

人を誉めることが出来ない

損得勘定で動く

怒りやすい

周りからの評価を気にする

批判が多い

自分中心に考える 等々

 

逆に器の大きい人とは

 

自分の言葉に責任を持てる

過ちを認めることが出来る

失敗を許すことが出来る

他人の言葉を否定せず受け止めることが出来る

全体像を見て判断できる

何事にも余裕がある

些細な事で目くじらを立てない 等々

 

器の大小も人間力に繋がります。

器の小さい人は

自分に自信が無かったり

自分のことを信頼できていないように感じます。

 

では器を広げていくにはどうしたらよいでしょう。

ここでは二つの大きなポイントを書きますね。

 

ひとつ目は

「多方向からの見方」が出来るようになっていくこと。

 

多方向からの見方が出来るということは

相手の立場に立てるということです。

 

自己中心的な人を責めることも無くなりますし、

それと共に全体像を見ることができるので、

問題が起きた時の対処が早く

判断力や対応力等も磨かれていきます。

 

それに、マイナス的な出来事にもプラス要素を見つけやすくなるので、

慌てることなく解決方法が考えらるようにもなっていくのです。

常に色々な角度からの見方を意識していきましょう。

 

もうひとつは

「自己責任」で行動すること。

 

自分の言葉や行動に責任が持てると

他人のせいにはしなくなります。

自分が間違っていたと思えば謝ることもできるし

潔さや凛とした姿勢にもなるのです。

 

周りの環境や人が絡むと

自己責任に結びつかないこともあるかもしれませんが、

今の状況を選んだのは自分、

という見方をすることで自己責任に繋がります。

 

その状況は、自己成長できる場であり、

器が大きくなっていく学びなのです。

 

自分にとって嫌なことの方が

後で振り返ると、

器が広がる切っ掛けにはなっていくものです(笑)

 

自分自身の器を広げていくことで

 

・自分らしく過ごせる

・穏やかに生きられる

・何があっても動じない自分になれる

・器が大きくなる=エネルギーの入り方も増えていく

・運がアップしやすくなる

 

器が広がり人間力がアップする事で

周りの方々とのコミュニケーションも良くなり、

結果、運がますます良くなっていくのです。

 

自分の器を広げることを意識して過ごしていきましょう。

――――――――――――――――

斎藤さちよ(さいとうさちよ)プロフィール

日本メンタルエステ協会理事長

日本メンタルエステ協会認定講師

メンタルエステスクール 代表

有限会社アイ・クリエイト 代表取締役

メンタルセラピスト(日本メンタルエステ協会認定)

メンタルコンサルタント

EQ・SQコンサルタント

ヒーラー・チャネラー

 

詳細は理事長プロフィール