Eyes of the Heart

~こころの目をひらいてのぞむ未来を手に入れる

Vol.1【Eyes of the Heart 】

 

こんにちは。

東京の品川区大井町で

アロマのメンテナンスヒーリングサロン「マーノカローレ」

オーナーセラピストをしています大野文枝です。

 

直感で会社員を辞めてアロマの世界に入り

様々なご縁を頂いてセラピストをさせていただいています。

 

私自身が会社員時代に経験したこと、そして、

サロンを始めて出逢ったたくさんの方との交流を通して感じたことなど

経験を元に、

皆様が笑顔になって毎日を過ごしていただけるコラムを

書かせていただくことになりました。

 

さて、私のコラムタイトルは「Eyes of the Heart 」(こころの目)ですが、

私がカードセッションをする時に使っているカードが、

オリジナルカードの「心眼カード」という名前で、そこからとりました。

 

「心眼」と言うと

見透かされている感じがして怖いイメージがありますよね。

だから、やんわりとした感じにしたかったので英語にしました(笑)

 

この「心眼」って私が思うには、

昔の日本人はみんな持っていた能力だと思うのです。

例えば、空気を読むという言葉。

KYと言われた時もありました。

「あの人KYだよね」って…

 

そのおかげで周りを気にしすぎて

生きづらくなった人もいたのではないでしょうか。

これって、人の氣を感じることなのですよね。

 

昔の人は相手が思っていることを氣を通して感じて、

コミュニケーションを図っていました。

でも、この氣は、

自分自身がこころを開いていないと感じられないのです。

 

よく気を使いすぎて疲れた、と言いますが、

これは氣ではなくて頭を使っているんです。

氣を使っている時は疲れることはなく、

とても楽しいことなんです。

 

そして、気は人の身近にあったので、

気を使った言葉がたくさんあります。

元気・勇気・本気・やる気・人気・活気・強気・弱気などなど、

一部ですが調べるともっと出てきますよ。

身近に感じられていたからこそたくさんの言葉になって残っているのです。

 

では、その氣を感じるためには何が大事なのか。

それがタイトルにもあります「Eyes of the Heart 」

こころの目をひらくこと、そしてオープンハート、

こころを開いて気持ちをクリアな状態にするといいですよね。

この状態でいるといろんなところから応援もしてもらえるんですよ。

 

私のコラムでは、

こころの目を開いてのぞむ未来を手に入れる方法をお伝えしていきます。

多くの方が思い描く人生を歩んでいって

笑顔の毎日を過ごせる後押しになれたらと思っています。

これからどうぞよろしくお願いいたします。

――――――――――――――――

大野文枝(おおのふみえ)プロフィール

 

日本メンタルエステ協会 認定講師

メンテナンスアロマサロン マーノカローレ代表

メンタルセラピスト(日本メンタルエステ協会認定)

ヒーラー・チャネラー

 

東京都在住。

2005年会社員生活を辞めてアロマセラピストの道に進む。2009年に独立。「ボディトリートメントを通して笑顔で毎日を過ごせる女性を増やしゆとりある生活を」をコンセプトに体、心を健康にしていくサロンを立ち上げる。2013年クライアントの悩みが深くなるにつれメンタルを学ぶ必要性を実感、メンタルエステスクールの門をたたく。2014年BMSE inハワイにメンタルセラピストとして初出展、翌年2015年には出展のほか講演も行い現地の方々に好評を得る。2019年癒しフェア㏌東京では講演で、自身の体験をもとに心の在り方、見方の重要性を伝える。「心と体は繋がっている」という信念を持ち、カードセッションやボディトリートメント、エネルギワーク、アロマセラピーなど心と体の両面からのアプローチで、多くの女性を笑顔にすることを生きがいとする。

ブログ:40歳からのむくみ疲労解消アロマサロン

http://ameblo.jp/manocalore/ (青物横丁駅/大井町駅)

HP:メンテナンスアロマサロン マーノカローレ

http://manocalore.com