ひとりでがんばらないことが幸せに生きる道につながる

Vol.5【コロナ禍の介護現場で感じたこと】

 

皆様、こんにちは。

この度、セラピスト名をTAKEMIから夏希優太に改めました。

今回のコラムより夏希優太でスタートいたします。

よろしくお願い致します。

 

さて、新型コロナウイルスによる影響が出始めて一年以上が過ぎました。

東京ではオリンピック開催に伴う感染者増加が懸念され、

ワクチン接種が始まっているとはいえ、まだまだ収束がみえない状況です。

 

今日は、これまでのコロナ禍で、私が介護現場で感じていることを

書いてみたいと思います。

 

介護現場では、

スタッフや利用者様が感染しないための感染対策も勿論大変ですが、

何より一番大変なのは利用者様本人とご家族が会えないことです。

 

コロナ感染が広がっていくなか、

私が勤務する施設も含め多くの施設で面会禁止の措置がとられています。

辛うじて窓越し面会ができるところもあるようですが、

目の前にいるのに触れることが出来ない状況は

利用者様本人とご家族にとっては

大きなストレスになっているのではないかと思います。

 

実際に私の施設でも

利用者様、ご家族ともに変化がありました。

 

それまで定期的に面会のあった利用者様は

面会禁止以降、ご家族のことを口にされなくなりました。

 

ご家族においては、

会えないことで精神的不安定になられた方もおり、

会社と相談をして、

外から居室内におられるご本人の姿を確認してもらう対応をとりました。

それだけでも家族は喜び安心され

実際に触れあえることの重要性や安心感の大きさを感じています。

 

特に認知症の方の場合、会えない期間の内に

家族の顔や存在を忘れたり分からなくなってしまうリスクもあります。

会えないストレスで認知症が進んだり、落ち着かなくなることも。

 

ご家族にとっても同じで、

忘れてしまうではないのか、状態が大きく変わってしまのではないか、

という不安はあると思います。

 

一方で面会制限によるメリットもあると思うのです。

それは面会ができないことで、完全ではないとしても、

家族は一時的に介護から離れる状態となっています。

 

施設入所の場合であっても家族にはそれなりの負担はかかります。

それが軽減されることで、気持ち的には余裕が生まれているはずです。

会えないことの寂しさはあると思いますが、

会えることのありがたさや親御さんの存在の大切さを

改めて認識された方も多いのではないかと感じています。

 

コロナウイルスの収束や気兼ねなく会える状態になるまでには

まだしばらく時間を要すかもしれません。

ワクチン接種が進むことで、

今後面会禁止措置の緩和が徐々にされていくのではないかと思いますが、

ご本人とご家族がまた笑顔で再会できるその時まで

私自身も介護現場で利用者の皆さんを支えていきたいと思います。

 

早くお互いに気兼ねなく会える日がくることを願っています。

――――――――――――――――

夏希優太(なつきゆうた)プロフィール

山口県在住。

大学卒業後、金融業界への5年間の勤務を経て現在の介護の道へ転身。2012年、友人の勧めにて参加をしたセミナーにて斎藤さちよ氏とのご縁をいただき2013年メンタルエステスクールへ入校。同校での学びが始まる。

スクールの学びの中で自身の過去についても紐解いて中で物事の捉え方等について学び、少しずつ前向きに変化していく自分自身を実感。物事の視点をほんの少し変えるだけで生きやすくなるという自身の実体験を通し、一人でも多くの方がそうある世界であってほしいと願う思いが強くなりセラピストのカリキュラムも受講。現在従事している介護の仕事を通して、その分野からも人々の支えになっていけるようにと日々奮闘中。介護の道は天職だと、本気でそう思っている。

 

ブログ:「介護を支える人」の心が軽くなる、勇気がわいてくる心の持ち方

~介護は天職!介護セラピストの夏希優太のブログ