「最高のわたし」の引き出し方発見!!

Vol.5【心に隙間空いていますか?】

 

先日、しょうもないことで朝から娘と喧嘩をしてしまいました。

 

その日は、息子が風邪を引いて寝込んでいたので、

幼稚園に行く娘の髪を結いながら、

「○○くん(弟)は、しんどくて一緒にバスのお見送りに行かれないから、

今日はママと二人で行こうね。」

と話すと、娘が

「前にもそんなことがあったね。」

と言いました。聞くと、

娘「○○くん(弟)が、ゲーゲーしてるとき、

置いてママと□□ちゃん(娘自身)だけで行ったよね。」

私「えっ? 寝てる時はママだけで行くこともあるけど、

ゲーゲー吐いている人を放ってお見送りに行ったことはないわ。

そんなことしないわ。」

娘「え、でも絶対絶対あるもん!」

の繰り返し。

 

それはおそらく、母が遊びに来てくれていた時、

娘を送りに朝家を出るタイミングで、

息子が「お腹痛い・・・。」と言い出したので、

娘の送り出しを母に任せ、二人で行ってもらった時のことを

娘は言っているんだと確信した私。

そして少し前に息子が胃腸炎になった時の記憶とが、

どうやら娘のなかで混ざっているようでした。

 

嘔吐している息子を置いて私が娘の見送りに行ったと言い張る娘。

あり得ないことを決め付けられたようで、朝の余裕の無さも手伝って、

私はなんだか無性に娘に腹が立ちました。

 

私「なんでそんなエラそうに言えるわけ??ほんと失礼だし!

もう編み込みなんて、やーめたやめた!!一つ結びで十分!」

と、手の込んだ髪型にするのを投げ出した私。

そこで怒って大泣きした娘

「ママ、だいっきらいーー!!編み込みにしてよー!」。

 

泣いた後です!とバッチリわかる顔の娘を見送った後で、

何も悪気のない4歳の言葉を真に受けなくても・・・と

そこで我に返ったのでした。

 

娘はただ、思い出した話をしただけで、

何かをジャッジしたいわけではなかったはず。

『嘔吐している人を放っておく=なんてひどい人』という

私が自分で作ったレッテルを娘に貼られたと思い込み、

憤慨していただけのことでした。

 

いっそ、「ありえない~。」と笑い飛ばしてやればよかったな、とか

「え?そんなことあったかなー。でもそれは何かの勘違いだよー。」と、

ゆる~く返せばよかった・・とか後になりいろいろ思うのです。

・・・が、そこで「そうかもねー。」と素直に納得するような

柔らかい娘ではないから、

どう考えても4歳といい歳した大人の喧嘩じゃないけど、

こんな調子で毎度本気でぶつかってしまうのです。トホホ・・・。

そんなことより、そばで具合悪くて寝ている息子が

いい迷惑だよ・・という話です。

 

こういう時、

ふと自分の心の隙間が少なくなっているなと痛感するのです。

心に隙間が空いている時には、普通に受け止められる言葉も、

受け止めるどころかまるで目の前で打ち返している状態。

要は余裕のない自分を必死に守ろうと、

必要以上に自分の主観が勝ちすぎてしまうことに原因があるようです。

これでは、相手や周りの状況を正しく見ることはできず、

自分の色眼鏡で世の中を見てしまうことになりかねません。

なんて恐ろしい!

 

そうならないために、心にはいつも隙間があることが理想です。

それには、生きていると自然と溜まっていく心の『澱』のようなものを、

こまめに取り払わなくてはなりません。

見て見ぬフリをすることなく、自分の心に忠実に向き合い続けること。

それに尽きるのではないでしょうか。

それは、きっと豊かな人生を過ごすために、

衣食住と同じように欠かせない、大切な営みだと思うのです。

そうして、澱を取り払ったすっきりと余裕のある目で、

しっかりと世の中を見たいものです。

いろんなことがあるけれど、それでもやっぱりこの世は素晴らしい、

美しい。そう気付かせてくれるはずだから。

 

あぁ今の私の心は、まるで目詰まりを起こした換気扇の

フィルターだわ・・。

そう実感した途端、なぜか掃除に闘志が湧いてくる私。

昔から掃除機が音を立てながらゴミを吸い込む様がたまらなく快感で、

人に言わせるとちょっと変わっているらしい?私にとって、

ルーティンなハタキやモップだけでは心の目詰まりには、

どうもパンチに欠けるのです。

 

そんな時には、戸棚や引き出しを開けて、整理整頓に取り掛かります。

そこには、いつの間にやら増えてしまった書類や不要になったDM、

読み終えた本や雑誌など、整理すべき物たちが、潜んでいます。

これはまだ要る?要らない?

そう自分に問いかけながら片付けをする工程は、

まるで自分の心と向き合っているようで、

だんだんと自分の気持ちのモヤモヤが治まっていくのです。

空間の秩序は心の秩序といった感覚でしょうか?

 

さて、心と空間に隙間を作り、見通しよくなったところで、

さ!午後は「おかえり~!」と満面の笑顔で娘を迎えに行こうか。

――――――――――――――――

ありかわ はづき プロフィール

メンタルセラピスト(日本メンタルエステ協会認定)

管理栄養士

健康運動指導士

 

京都府出身。

独身時代は、地方公務員(保健センターの管理栄養士)として働いた後、転勤族の夫と結婚、専業主婦となる。

第一子出産後は、仕事、趣味をやめ、育児一筋の生活が始まる。

育児に絶大な幸せ を感じる反面、「母でも妻でもない、一人の人間としての自分って一体なんだろう!?」と、自分が生まれてきた意味や役割などを考えるようになる。

そんな時、メンタルエステスクールに入校。

固定観念を外し、いろいろな角度から客観的に物事を捉えることの大切さを教えられ、家庭間や子育てで実践することで、その効果の大きさを実感する。

子育て奮闘中のママ達に、もっと肩の力を抜いて、子育てを楽しむためのお手伝いがしたいという想いを抱き、

ハッピーな子育て応援セラピストとして活動中。

 

■ブログ:子育て世代のママたちへ!!何があっても大丈夫☆な自分の作り方 講座。