自分らしい花の咲かせ方

Vol.18【相手は鏡】

 

皆さん、ご自分の周りには、どんな方がいらっしゃいますか?

その方たちは、いつもどのような言葉を口にしていますか?

そしてそれに対して、あなたはどういう反応をしていますか? 

 

例えば職場。

毎日人と顔を合わせる場所です。年齢も様々ですし、色々な方がいますよね。

私自身、会社員をしているので色々なことを日常感じます。

交わされるのは、どんな言葉が多いですか?

色々な不満や愚痴が日常会話になって、それに疲れてしまっている、

というケースを最近よく耳にします。

愚痴を聞くのがコミュニケーションの一環になっているから、

辛くても『仕方ないこと』として流してしまったり。

あなたにとってどんなことが『日常』になっているか、

そこを客観的に見る事がとても大切なような気がします。

 

ポジティブな言葉を交わすことが多い人間関係なのか。

ネガティブな言葉を交わすことが多い人間関係なのか。

仕事に限らず、プライベートはどうですか?

私自身はポジティブな言葉を交わすことが多い人間関係だなと感じています。

職場でもそうですが、プライベートも同様です。

でも、同じ環境でも全く正反対の経験をしている人の話しも聞こえてきたりします。

 

「私の性格だから~」くらいに思っていましたが、

改めて考えてみると、自分の中で気を付けている点がいくつかありました。

日常では無意識なのですが、例をあげてみますと…

 

『自分が楽しかったことを周りに伝えている』

楽しい経験や嬉しいことも何気なく話しますが、自分の失敗したことも話します。

そうすると周りも笑って、自分も笑って、肩の力が抜けるのです。

笑うって、とても大切だなと思っています。

空気も一瞬にして変わる。どんな言葉よりも、力強いパワーがあります。

楽しそうにしている姿ってすごく嬉しいし、幸せを感じます。

 

『自分が疲れすぎないよう、リラックスするようにしている』

イライラの根源は、自分の疲れや余裕の無さから発生するような気がします。

だからこそ、とてつもなく疲れている時は、それだけでもうストレスを作りやすい。

ストレス製造機です。(笑)

それを客観的に捉えて、あまり深く悩まずに早く寝ます。

 

『すごくイライラしている方たちの話しに入りこみすぎない』

自分の状態によっても全く違うので、その時々で対応を変えています。

自分がとても疲れていたり、余裕の無いときは

話しに入らないようにしているかもしれません。

自分の意思で調節できないときは、話しを聞いているけれど、

実はあまり聞いていないかもしれません(笑)

相手のイライラを取り込まないように、目に見えない『一線』を引いて

対応しています。

 

『相手を褒める』

これは無理やりではありません。

無理やりだとストレスになりますし、相手にも伝わります。

純粋に、自分が感じることを伝えます。

そうすると、相手の言葉からトゲトゲしたものが無くなります。

自分の中が整理整頓できていると、周りの人の素晴らしい点も

純粋に見つけていけるから不思議です。

 

まだまだありますが、ちょっとしたポイントをあげてみました。

書いてみると、結局は自分のストレスが増える状況を把握して、

そうならないようにコントロールしているのかな?と感じます。

 

思っている以上に周りに影響を受け、自分自身も影響を与えている。

それが人間関係ですね。

どうせならば「一緒にいて楽しくなる!」「嬉しくなる」

「元気になる!」と言われたいですよね。

 

あなたの日常はどんなことが『普通』ですか?

まず意識をすることから始めてみる。

生活する上でとても大切なことだと感じています。

――――――――――――――――

MAIKO(まいこ)プロフィール

日本メンタルエステ協会 認定講師

メンタルセラピスト(日本メンタルエステ協会認定)

ヒーラー・チャネラー

認定心理士

健康心理士

 

群馬県在住。

幼少時代より人間に興味をもち、大学では心理学部に在籍。主にアイデンティティを研究し、人間の奥深さを学問として学ぶ。在学中に認定心理士・健康心理士取得。占いにカウンセリングの可能性を感じ学ぶ。様々な角度から人間へアプローチをするために、栄養学やアロマテラピー、保育学、夢を叶える成功哲学を学ぶ。

2010年、メンタルエステースクール・メンタルセラピストマスターコースにて師である斎藤さちよより、三位一体のホリスティックの考えを享受。ヒーリングも取得。

現在は企業で働く傍ら、メンタルセラピストとして活動中。