スピリチュアルの活用法

~スピリチュアルからスピリットへ~ 

2017.3 Bloomingメッセージ【柔軟に♪】

 

当たり前が当たり前で無くなってきている今の時代。

世界的にも、日本でも、様々な変化が起きています。

 

現在日本では、残業問題、副業の件等、

社会の枠組みが変わっていくと思われることが

色々と取り沙汰されています。

 

今までの当たり前が、当たり前で無くなっているのです。

そんな時代に生まれている私達。

 

そういった時代背景の中、今月は

「柔軟さ」を意識してみてください。

変化の時代だからこそ、柔軟に対応していく事が大事なのです。

 

また、柔軟さを持ち続けるには、自分自身の芯や軸が必要です。

自分の軸、芯を持ち、柔軟に対応していく事が本当に必要なのです。

 

そうですね、たとえば、竹をイメージしてください。

どんなに強い風が吹いて大きく揺らされても、

折れることなく元に戻ります。

柔軟に風を受けているのはもちろんのこと、

根がしっかり張っているからこそ、戻れるのです。

例えて言うならば、それが軸や芯なのです。

 

軸や芯がしっかりしていないと、柔軟に対応しているようでいて、

実は流されるまま、糸の切れた凧のように、

どこに行くのか解らなくなってしまいます。

 

そして柔軟に対応していくには、

今までの自分のやり方などに固執しないことです。

「今までがこうだったから・・・」とか、

「今までこれで上手くいったのだから・・・」等々。

 

固執しないためには、全体を見て、今何が必要か、

という捉え方をしていくと良いと思います。

遂行していくためには何が一番良いのか、という捉え方。

 

それが自分の過去のやり方、意見等と違っていても、

固執せず一度受け入れて、

その時々でやり方を変化させていく。

これも柔軟さなのです。

もちろん、芯や軸があるからこそ出来ることなのですが。

 

常に心が柔軟さを持ち続けていくことが

大事になっていくのです。

心が硬くなると、余裕も無くなり、

柔軟さとはかけ離れていってしまいます。

 

柔軟さを保つには、好奇心を持つこともひとつです。

好奇心旺盛な方は、興味を持ったらそこにまっしぐら(笑)

 

その行動には、今までの自分の概念はひとつもありません。

周りの目も気にしない。

興味のあることにだけ、心のベクトルが向いている。

心が動いているのです。

 

それと共に、多方向の見方が出来ることも、

柔軟さに繋がっていきます。

 

例えば、自分では納得できないことがあったとしても、

他の立場だったらどう考えるか?など

違う角度で見ることができると、

嫌だと思っていたことが、そこまで嫌では無くなった、

ということは多々あるのです。

 

ひとつの事象でも、

見方によって陰にもなるし、陽にもなるのです。

見方の幅を広げていく事が、柔軟性に繋がってきます。

 

今までの自分自身のやり方等に固執せず、

柔軟に対応していくことを今月は意識してみてくださいね。

――――――――――――――――

斎藤さちよ(さいとうさちよ)プロフィール

日本メンタルエステ協会理事長

日本メンタルエステ協会認定講師

メンタルエステスクール 代表

有限会社アイ・クリエイト 代表取締役

メンタルセラピスト(日本メンタルエステ協会認定)

メンタルコンサルタント

EQ・SQコンサルタント

ヒーラー・チャネラー

 

詳細は理事長プロフィール