スピリチュアルの活用法

~スピリチュアルからスピリットへ~ 

2017.11 Bloomingメッセージ【発酵】

 

今年も11月になりました。

一年も終了・・・という空気感が増してきましたね。

 

さて、今月のメッセージは「発酵」です。

発酵とはどういうことでしょうか。

 

辞書には

① 酵母や細菌などの微生物がエネルギーを得るために有機化合物を分解して、アルコール類・有機酸類・二酸化炭素などを生成していく過程。狭義には、微生物が酸素の存在しない状態で、糖類を分解してエネルギーを得る過程。酒・味噌・醤油・チーズなどの製造などに古来から利用されてきた。 

② 頭の中で考えが芽生え、次第に熟してくることのたとえ。

と書いてあります。(~三省堂 大辞林より~)

 

ここでの発酵は、

自分自身を発酵させていく、と捉えてください。

 

人の発酵とは、

すべての物を自分の栄養分にし、

人としての深みを増したり成長させていく、

ということもひとつです。

 

微生物が良い働きをすれば発酵となり、

そうでなければ腐ってしまうことになります。

発酵になるか腐ってしまうか・・・。

 

例えば、

日常の生活の中では様々な出来事が起きます。

その出来事を、

発酵するための菌と捉えましょう。

 

良い発酵をさせていくには、

その出来事に「向き合う」ということが

大事なことだと思います。

それを自分の良い栄養にできるか否か。

 

逃げたくなること、

目をそらしたくなるようなこと、

受け入れがたいこと等々、

自分にとって嫌なことほど、

捉え方や向き合い方次第で、

良いほうにも悪いほうにも転がっていきます。

 

せっかく良い栄養分になるチャンスがきているのに、

現実から目を背けてしまうのは勿体ない。

 

発酵に分解していく過程があるように、

起きた出来事を自分自身で咀嚼し、

プラス面を見つけていくことで

良い発酵になっていくはずです。

 

逃げずに向き合っていく中で、

必要なこと、手放したほうが良いこと、

自分自身の考えや心の奥底を確認できる事は多いです。

 

それと共に向き合うことは、

自分自身の軸を太くすることにもなり、

それは以前から言われている

「グランディング」に繋がっていくのです。

 

グランディング=地に足を付けてしっかりと現実を生きること。

 

よく瞑想等でグランディングできるとも言われていますが、

イメージの中だけでは身についていきにくいものです。

 

グランディングは、現実の生活のなかで

自分の人生としっかり向き合っていくことで出来ていきます。

自分をしっかり発酵させていくことが

グランディングにも繋がっていくのです。

 

瞑想しても、

現実に向き合っていなければ

グランディングには程遠くなると思いませんか?

 

11月。

向き合って得たものを来年に繋げていく時です。

すべての事を腐敗ではなく発酵させていきましょう。

――――――――――――――――

斎藤さちよ(さいとうさちよ)プロフィール

日本メンタルエステ協会理事長

日本メンタルエステ協会認定講師

メンタルエステスクール 代表

有限会社アイ・クリエイト 代表取締役

メンタルセラピスト(日本メンタルエステ協会認定)

メンタルコンサルタント

EQ・SQコンサルタント

ヒーラー・チャネラー

 

詳細は理事長プロフィール