「LotusGarden」(蓮の花の咲く庭)

Vol.8【母と娘の反抗期】

 

ようこそ、Lotus Gardenへ。

こころのアトリエ・そらいろcafeのみやです。

桜の便りが待ち遠しいころとなりました。 

 

もうずいぶん前になりますが、

母と娘の葛藤をえがいたドラマを見ました。

母から娘への過酷な虐待は、愛を知らないが故であり、

愛されている確信が欲しいための行動だった、

というお話でした。

 

母親との関係に

葛藤や複雑な思いを抱えている方もいらっしゃるかと思います。

私もその一人でした。

悩みながらも、その時々で、自分なりの答えを見つけ、

自分の中での落とし所を探ってきたように思います。

 

私がこちらのコラムのお話をいただいたのは、

ちょうど母が入退院を繰り返しているころでした。

母とのことを書き綴ったものでしたが、その中で

「愛の需要と供給のミスマッチ」という言葉を使いました。

 

愛の需要と供給のミスマッチ!

なんてドラマチックな言葉でしょう!

単なるボタンのかけ違えなのに(笑)!

今思えば、ドラマチックな言葉にして、

少しでも他人事のように見たかったのかもしれません。

 

昨年は入院中の母のもとへ日参する日々の中、

私は大げさな言葉で自分の否をごまかし、

母からの愛をかたくなに拒否していたのではないだろうか、と

自問自答することも多くありました。

 

母の愛し方は私には届かなかったのではなくて、

私に受け取る器が出来ていなかっただけなのでは?

私は単に自分を正当化したかっただけなのでは?

 

・・・母が亡くなり、3か月近くが経とうとしている今、思うのは。

私、お疲れ様。ご苦労さん。よく頑張ったね。です。

疲れてささくれた心には、小さなとげもより強く痛く感じるもの。

視界も狭くなるだろうし、その中でよく頑張ったよね。

 

時がたち、より客観的に見られるようになり、

ふと気がついたことがありました。

それは、母も私も

遅すぎる反抗期を迎えていたのだなぁということです。

そう。

反抗期。

笑っちゃいますね。

 

反抗期同士がお互いに甘えた結果。

こじれるのもおかしくないでしょう。

愛の形は様々で、受け取り方も様々で。

どうであろうと、生きていくだけのこと。

自分の人生をしっかりと自分の足で歩くこと。

今となっては、私は私をしっかりと生きていくだけ。

そして、母がいてもいなくても、変わりはないのだ。

という、とてもシンプルなことに気がついたのです。

 

弟の家で写真の中からピースサインを送っている母は、

満面の笑顔です。

その笑顔を見ると、

親子というのは不思議なものなのだなぁと思うのです。

Vol.7【未来日記】

 

ようこそ、Lotus Gardenへ。 

こころのアトリエ・そらいろcafeのみやです。

 

2016年も10月を迎え、

まだ2017年の話をするのは早いと言いたいところですが、

実はエネルギー的には、10月になると翌年のものが流れてくるそうです。

2017年は、どんな1年になるでしょうか?

楽しく仕事をしているでしょうか?

恋人とラブラブでしょうか。

結婚しているでしょうか。

起業しているかしら。

 

どうしている、いえ、あえて言うなら、

どんなことをしていたいですか?

どんな自分を想像しますか?

未来の自分をイメージするのは、とても大切だと言われています。

でも、そもそもイメージ、できますか?

 

実は私はイメージするのが苦手で、なかなか出来ないのです。

イメージイメージ!でもどうやって?何を?とずっと悩んでいたのですが、

ふと私は書くことが好きだから、書いてみよう!と思い立ち、

「未来日記」なるものを書き始めました!

と言っても日記やブログを書くような感じで、

ただ日付を未来にするのです。

来年の私の日記にはなんて書いてあるんだろう?と、想像、

いえ妄想して書くのです。

 

たとえば。

2017年10月10日

今週は、私のアートの展覧会と出版記念でハワイに来ています!

夫と美味しいディナーを堪能して、

いまはスイートルームでゆったりと過ごしながら、

このメルマガを書いています♪

お部屋はバラの香りで満たされています。ひゃーすごいなぁ。

窓辺を向いたソファに二人で座って、夜景を眺めています。

満月が海にキラキラと反射して、この世とは思えない美しい景色です。

こんな景色が見られるなんて、去年は思いもしなかったなぁ。

明日はメンタルセッションの後、日本から来てくれた友人たちとともに、

離島へ行ってきます!

離島では、イルカたちと泳ぐのだ!

いやその前に夫に泳ぎを教えてもらわねば!笑

 

なんて(笑)

もし、婚活中のあなたなら、こんなのはいかがですか?

 

去年(2016年)のクリスマスに偶然であったあなたが運命の人だったなんて!

二人で行った初詣は、〇〇神社。その時、告白してくれて♡

バレンタインの手作りチョコはちょっと失敗しちゃったけど、

ホワイトデーに、あなたはプロポーズしてくれたの。

私、嬉しくって泣いちゃった!

今年のクリスマスは、オーストラリアで結婚式。私幸せすぎね。

 

おもしろいでしょ?

 

最初は、普通の日記のつもりが、折角なら、と、

自分がお話会やお茶会をしたら、メルマガを発行したら、自伝を書いたら?と

妄想しながらノートに書いています。

書いているうちに、演劇部時代の血が騒ぎ、妄想暴走列車と言われた

私の妄想力が爆発し、もうすっかり気分は世界的アーティスト、

セラピスト、パワーブロガー、伝説のメルマガ作家です(笑)

 

そうしていると、不思議と今の自分ではなく、

その未来の自分が書いている!という感覚になってきます。

本当にそういう未来の私とリンクしているのでしょう。

すごいですね!妄想力!!

 

あくまでも楽しく!

そして、コツはふと思い浮かんだ未来の日付で書くことです。

実現するかしないかなんて一切考えず、自分の都合の良いように、

最高に素敵な自分を妄想すればいいだけです。

そんな未来のイメージの仕方、いかがですか?

ぜひ、お楽しみあれ!

Vol.6【人生に微笑む】

 

ようこそ、Lotus Gardenへ。 

こころのアトリエ・そらいろcafeのみやです。

 

明るいほうへ、明るいほうへ、

と書いたのは詩人の金子みすゞさんでした。

優しい語り口の詩は、時代をこえて私たちを癒してくれますね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

こんな不器用な私でも、今はずいぶんと楽に生きています。

それは、人はそれぞれだ、

そして、人のせいにしない、ということに深く気がついたからです。

 

また、自分の気持ちを抑え込むことも多かった。

そこに気がついたとき、私はこれまで多くのことを、

人のせいにして逃げていたということにも気がつきました。

自分から逃げていたのでした。

だから苦しかった。人のせいでもなんでもないですね~。

 

ずっと、みじめで、どこにいても間抜けな感じがしていました。

いつも自分の居場所を探していました。

 

でも、自分の居場所は、自分の中なのです。

人のせいにすることで、外へ外へ解決の方法を探していた。

だから、自分がお留守になっていたのです。

 

自分はどこに行っちゃったの?と探していたのでした。

私の居場所は私の中なのにね。

 

自分の居場所は自分の中。

いうなれば、操縦桿を握るのは私。ということですね。

自分がどうしたいのか、何が楽しくて、何が嫌で、どう動きたいのか。

 

自分で自分の行先を決めるということです。

自分の人生に責任を持つということです。

簡単に言うと、自分のことを大切に扱う、幸せにする、っていうこと。

 

そこまでわかっても、じゃあ現実的にどうしたらいいの?ですよね。

過去、自分をあまりにもお留守にしてきたので、

自分に責任を持つといってもよくわかりません。

 

何が楽しくて、何が好きで、何が嫌いで…

そんなこともわからなくなっていたのです。

なので、自分の気持ちの動きを見つけていく。

というところからスタートです。

 

あぁいま私は難癖をつけようとしているなぁ

面白いことを言おうとひねっているなぁ

めんどくさいことを避けてるんだなぁ

かっこつけたがる自分がいるなぁ

食べたら太ると思っているなぁ。というように。

こうしてほしいと思っているな、とか、

されたくないと思っているな、とか。

 

すこーしずつ、いろんなことに気がつくようになっていきました。

だんだん、自分を感じることができるようになっていったのです。

そして、自分の気持ちを明るくさせる方向へ、

考え方や見方を変えるように意識していったのです。

 

私は幸せを経験するために生まれてきた。と思っています。

その幸せとは、私としての命を生ききる、

ということではないかと思っています。

それは、逆境に生きる、苦しみを乗り越えることではなくて、

どんな中にあっても「自分を大切にして」

「気持ちを明るくさせる」方向を見つけられるか。

ということだったようです。

 

いま、やっとここまで来ました。

私を幸せにできるのは私であって、

意外と遅すぎるということはないのだと気がついたのです。

 

長くて曲がりくねった道のりです。

でも、その道のりこそが大切だと思います。

私には私の道のりがあったように、あなたにはあなたの道がある。

あなたの道を、じっくりと歩いていけばいいと思います。

 

人生に遅すぎるということはないし、いつだって微笑んでくれるのです。

私が私に微笑みさえすれば。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。